【交流分析講座】「優しいサリー」は狼に食べられる

NOと言えますか?

NOと言えない人がいます。

見るからに優しいタイプ。
面倒見の良い人。
周りを気遣うことば
「つらくない?」
「大変だったね」

頼まれた仕事は
断らない。

いい人です。

心理学では
「優しいサリー」
呼ばれるタイプ。


優しいサリーを狙うアイツ

優しいサリーは
視線を感じます。

狼です。

じっと見ている。
足の遅いサリーは
狼に襲われます。

会社には
他人を攻撃することを
生きがいにする人
がいます。

犠牲者を探し回ります。

犠牲者は
そう
優しいサリー。

「あぁ?
、この仕事、今日中って
 言ったよね!」

同僚や
こともあろうか
部下の面前で
海の向こうまで聞こえるような
大声でわめきます。

恥ずかしくて
帰りたい。

狼は誰を狙うか

狼は
どんな人を狙うでしょう?

そう、
仕事を断らない人。


断られると
ミスを攻撃できないから。

反論しない人。
理路整然な人は
苦手。

「貴方のおっしゃったこと
 一週間前の会議と矛盾します」

脅しや爆発に
屈しないと
効果はない。

優しいサリーにとって
狼は天敵。

サリー狼のしっぽを噛む

サリーは
狼の正体を見ました。

脅しや爆発は
子供っぽい
感情のコントロール不能
なのです。


オモチャ売り場で
泣き叫ぶ子供

自分の考えを表現できない。
でも
妥協はできない。

どうしたいかを
伝えられない。

爆発の被害から逃れるには
大人の対応をすること。

● 命令された仕事は
  断る、または条件を付ける

  無理な仕事は断る。
  仕事を受ける場合も、条件を付ける。

  条件とは。
  締め切りを延伸する
  同僚と共同で行う
  上司とレビューをもつ

  つまり
  ミスをついて追い込まれるのを
  避けるのです。

● 感情的な相手には
  表情を変えない

  怯えの表情
  死にたいくらいの羞恥心
  これが狼の大好物。

  論理的なひとが
  大嫌いです。

この2つを身に着けると
狼は近寄ってこない。

なぜ?

だって
おもしろくないから


1960年11月群馬県生まれ。 母子家庭に生まれ、貧困を体験する。 3歳のとき口から泡を吹き、「今夜が峠」と言われる。 小学校では、強いアレルギーと戦い登校。 小中学では、苛烈ないじめにあいながらも、 成績を伸ばす。 高校進学を目指すも、家に金がなく 高校受験は1回まで 落ちたら働く約束で高校受験。 1年間、毎日10時間勉強した体験が のちの礎になる。 前橋高校を経て、群馬大学工学部で コンピュータを学ぶ。 このとき、友情を学ぶ。 大学卒業後、富士通に入社。 18年間で、1500件のトラブルを解決した。 エンジニアとしての、トラブル解決を通じて 周りを巻き込んで、問題を解決するスキルを 自分のものとした。 40才になると、 エンジニアからマーケティング職に転身。 20編以上のマーケティングマテリアルを英語で作成。 テクニカルマーケティングの分野を拓いた。 58才のとき、一念発起。 メンタルトレーナーの資格を取得。 問題解決のスキルと マーケティングのセンスを生かして 成功した。
投稿を作成しました 245

コメントを残す

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。