【こころのケーススタディ】すり替えられた記憶の話

お悩み概要

23歳の会社員の相談です。

今まで3人でやった仕事を
1人でこなす毎日。

半年ほどして1名増員

産休明けなので
教育も必要。

仕事は増えました。

さらに
増員を希望
上司から意外なことば

「あなたの仕事はとても簡単なのに
仕事をあまり進めず
あまりちゃんと出勤していない」

事務所で
周りに人がいるところで
こう言われたそうです。

彼女は
この会社を辞めるかどうか
悩んでいます。

どこで何を言うかが問題


上司の言葉を
整理すると以下の通りです。

(1)部下の仕事は増員の必要はなく
 2名で十分である
(2)部下は出勤時間または退勤時間に
 乱れがある

仕事の仕方を工夫すれば
十分2名で仕事ができる。
増員の必要はなし。

増員すべきかどうかは
人事権のある管理職の方に
決定権があります。

問題は
場所と表現です。

人事に関する事柄を
事務所で
彼女(部下)の仕事を非難する形で
表現しました。


上司が何を言ったかが
問題ではないのです。

同僚が居る
事務所という場所が問題でした。

事実を正して謝罪を要求する

部下の仕事が
2名でこなせるかどうかは
分析しないとわかりません。

私はクライアント(部下)に
1週刊の作業を2時間単位で書いて
上司に報告してみるよう
助言しました。

そして、
仕事の内容ごとに
何時間労働したか
グラフにするのです。

考えが記憶をゆがめる場合もある

管理署になる方は
優秀な方が多いです。
ですので
実務経験がなくても
「部下の仕事は簡単」と
考える傾向があります。


心理学では
認知バイアスといいます。


認知バイアスの問題は
記憶をゆがめる可能性です。


これを修正する方法は
事実をもとに
議論することです。

(1)部下の仕事は増員の必要はなく
 2名で十分である
(2)部下は出勤時間または退勤時間に
 乱れがある

上司は
「増員は必要ない」と考えるため
認識にバイアスがかかり
「部下は出退勤が乱れているに違いない」と
考え
それを事実として
間違った記憶をする。

そういった可能性があります。

記憶は考えにより歪められる

記憶は
あなたの考えにより
歪められています。

そう考えた方が
しっかりした
議論ができます。

記憶には頼らず
事実を確認するのです。


実はカウンセリングの
80%は事実の確認です。

事実を確認することで
考えの幅が広がる効果があるのです。

私が
クライアントに
仕事の記録を上司に報告するよう
助言したのも
その理由です。

貴方も
自分の記憶を疑ってみてください。

1960年11月群馬県生まれ。 母子家庭に生まれ、貧困を体験する。 3歳のとき口から泡を吹き、「今夜が峠」と言われる。 小学校では、強いアレルギーと戦い登校。 小中学では、苛烈ないじめにあいながらも、 成績を伸ばす。 高校進学を目指すも、家に金がなく 高校受験は1回まで 落ちたら働く約束で高校受験。 1年間、毎日10時間勉強した体験が のちの礎になる。 前橋高校を経て、群馬大学工学部で コンピュータを学ぶ。 このとき、友情を学ぶ。 大学卒業後、富士通に入社。 18年間で、1500件のトラブルを解決した。 エンジニアとしての、トラブル解決を通じて 周りを巻き込んで、問題を解決するスキルを 自分のものとした。 40才になると、 エンジニアからマーケティング職に転身。 20編以上のマーケティングマテリアルを英語で作成。 テクニカルマーケティングの分野を拓いた。 58才のとき、一念発起。 メンタルトレーナーの資格を取得。 問題解決のスキルと マーケティングのセンスを生かして 成功した。
投稿を作成しました 185

コメントを残す

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。