【アサーション】誰も知らない日の丸アサーションとは?

主張はなぜ嫌われるか?

アサーションは
自己表現の方法です。

自己表現は
「面倒くさいひとだな」
と疎んじられます。

私がそうです(笑)。

仕事で
白黒つけるのは好まれない。

榎田は会議で
事実をできるだけ
明確にします。

「他社が〇〇したらしい」
と聞いたら
まず情報源を聞きます。

課題になっている事柄には
自分の意見を述べます。
「私は賛成できません。
 なぜならば~」

私、面倒くさいでしょう?

アサーションの効用

アサーションの効用は
自分が体験しているだけでも
3点あります。

自分のスタンスを明確にしますので
ストレスがたまりにくく
自然体です。

自分を偽って何かを言うことが
ありません。

意見が尊重され信用が高い

 嘘がありませんので
 信用されます。

 仕事を任されることも
 多いです。

 そのかわり
 トラブルの解決とか
 売上の上がらないプロジェクトの
 テコ入れなどを
 まかされたります。

なぜか会議の時間が短い

 自分も意見を言い
 相手にもそれを促すので
 議論の時間が短いです。

 会議は1時間以内、30分くらいで終わります。

課題の発見が早い

 議論のスピードが早いので
 何が問題か
 発見が早いです。

アサーションが嫌われるわけ

アサーションが
嫌われる理由を
知りたくないですか?

それは
ビジネスの世界では
主張する側が優位に立つからです。


アサーションを知っている
使いこなせる人がいます。

それを
周りに示すと
どう思われるでしょう?

「なんだよあいつ、偉そうに」

そう、
ジェラシーです。

この時点で
アアーティブな人は
優位に立っています。

ビジネスでは
アサーティブは
宣伝として使えます。

日本流アサーションの勧め

アサーションというと
まず自分の意見・感じ方を言う
と教えられます。

私は
「相手の意見を聴く」
から入ったほうが
良い人間関係を
築くことができると思います。

●相手の話をよく聴く
●受け止めそれを表現する
●自分の考えを述べる
●違いを明確にする
●折衷案を提示する



自分の意見を述べたうえで
折衷案を示せると
上手な議論ができます。

1960年11月群馬県生まれ。 母子家庭に生まれ、貧困を体験する。 3歳のとき口から泡を吹き、「今夜が峠」と言われる。 小学校では、強いアレルギーと戦い登校。 小中学では、苛烈ないじめにあいながらも、 成績を伸ばす。 高校進学を目指すも、家に金がなく 高校受験は1回まで 落ちたら働く約束で高校受験。 1年間、毎日10時間勉強した体験が のちの礎になる。 前橋高校を経て、群馬大学工学部で コンピュータを学ぶ。 このとき、友情を学ぶ。 大学卒業後、富士通に入社。 18年間で、1500件のトラブルを解決した。 エンジニアとしての、トラブル解決を通じて 周りを巻き込んで、問題を解決するスキルを 自分のものとした。 40才になると、 エンジニアからマーケティング職に転身。 20編以上のマーケティングマテリアルを英語で作成。 テクニカルマーケティングの分野を拓いた。 58才のとき、一念発起。 メンタルトレーナーの資格を取得。 問題解決のスキルと マーケティングのセンスを生かして 成功した。
投稿を作成しました 88

コメントを残す

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。