【メントレ】習慣の力の鍛え方

良い習慣は猛獣使い

人間の欲望は
猛獣や暴れる象にたとえられます。


暴れ始めると
誰も止められないです。

ではどうするか?

暴れる前に手なずけるのです。

どうやって?
それは習慣の力です。


猛獣があばれないよう
習慣を身につけるのです。
欲望が暴れないように
欲望から身を遠ざけるのです。

良い習慣とはなにでしょうか?
何がだいじなのか?
何故なのか?

解説いたします。

遠ざけるべきもの

猛獣を見たことはありますか?
なぜ暴れるのでしょうか?
どういう場合でしょう?

腹を空かせたとき。
攻撃されたとき。
自分の領分を侵されたとき。
敵をやっけるとき

こういう場合ですね。
● 欲望を満たしたいとき
● 安全が侵されたとき
● 他者より有利になりたいとき


逆に考えると
このような状態に自分を置けば
あなたの中の猛獣を
手なずけられます。

● 欲望が増長しないよう節制する
● 危険なことには手を出さない
● 虚栄心を持たない


全然面白くない習慣の力の鍛え方

うけあいます。
この話全然面白くないです。

なぜか?

当たり前の事しか書かないので。

著名な教育者で品川女学院の校長である漆先生や
哲学者であるジョン・トッド氏によれば
最も重要なのは
規則正しい生活です。

● 毎日早起きをする
  休みの日も平日も同じ時間に起きる
● 食事も同じ時間に取る
   休みの日も平日も同じ時間 に取る
● 就寝する時間も同じ時間
   休みの日も平日も同じ時間


どうです。

面白くないでしょう!!
でもこれが効くのです。

なぜでしょう?
ムダなことに
脳を消費しないからです。

食事をどうするとか
いつ食べるとか
寝る前にスマホ見ておこうとか。

規則正しい生活は
脳の疲れを最小にします。

全然面白くない正しい時間の使い方

「人生で最も大事な資源は時間だ」
という人がいます。

年収が3000万円以上の方の
読書量は月平均10冊だそうです。

読書も習慣ですね。


大事な時間は
読書に使っているようですね。

1冊の本を読むのに
10時間かかるとして
一日3時間は読書している計算です。

あなたも
良い習慣を自分のものにして
幸福な人生を楽しみましょう!



1960年11月群馬県生まれ。 母子家庭に生まれ、貧困を体験する。 3歳のとき口から泡を吹き、「今夜が峠」と言われる。 小学校では、強いアレルギーと戦い登校。 小中学では、苛烈ないじめにあいながらも、 成績を伸ばす。 高校進学を目指すも、家に金がなく 高校受験は1回まで 落ちたら働く約束で高校受験。 1年間、毎日10時間勉強した体験が のちの礎になる。 前橋高校を経て、群馬大学工学部で コンピュータを学ぶ。 このとき、友情を学ぶ。 大学卒業後、富士通に入社。 18年間で、1500件のトラブルを解決した。 エンジニアとしての、トラブル解決を通じて 周りを巻き込んで、問題を解決するスキルを 自分のものとした。 40才になると、 エンジニアからマーケティング職に転身。 20編以上のマーケティングマテリアルを英語で作成。 テクニカルマーケティングの分野を拓いた。 58才のとき、一念発起。 メンタルトレーナーの資格を取得。 問題解決のスキルと マーケティングのセンスを生かして 成功した。
投稿を作成しました 89

コメントを残す

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。