毎日5分で幸福感を2倍にする方法

幸せを感じてますか?

「幸せだな」と毎日感じてますか?
もしも、「おれって不幸」、「私ってついてない」と感じたら
よい方法があります。

①今までの人生で心から感謝することを思い出しましょう
②10個紙に書きましょう

苦しくなったとき、
その紙を眺めましょう。

毎日行いましょう。
紙に毎日書くのです。

有名なセールスコーチのピーター・セージさんは
これを毎日行っているそうです。

何故紙に書くと効果があるのでしょうか?

なぜ、紙に書くと効果があるのでしょうか?

あなたの記憶は、
脳の大脳皮質に眠っています。

思い出すことで
記憶は強化されます。

あなたの感謝の気持ちは
それらの記憶とともに
強化されます。


紙に書くと
複数の感覚と連動します。
●視覚(書いたものを目で見る)
●聴覚(声に出す)
●触覚(手を動かす)

複数の感覚と連動することで
記憶は強化されます。

私の例

私も
セージさんにならって
毎日5分感謝の言葉を書いています。

● アレルギーがある私を支えてくれた母に感謝

● 新聞配達をして家計を支えてくれた兄に感謝

● 希望した大学に行けず落ち込んでいた私を
  はげましてくれた友人に感謝

書いたものを読み返すと
心が落ち着きます。

今まで様々な方々に支えられたことを
思い起こして
不安がすっと
消えていきます。

こころサプリでは
5分でできるトレーニングを
各種用意しています。


すっごく簡単で
効果抜群です。

ご興味を持て頂きましたら
ぜひご連絡ください

1960年11月群馬県生まれ。 母子家庭に生まれ、貧困を体験する。 3歳のとき口から泡を吹き、「今夜が峠」と言われる。 小学校では、強いアレルギーと戦い登校。 小中学では、苛烈ないじめにあいながらも、 成績を伸ばす。 高校進学を目指すも、家に金がなく 高校受験は1回まで 落ちたら働く約束で高校受験。 1年間、毎日10時間勉強した体験が のちの礎になる。 前橋高校を経て、群馬大学工学部で コンピュータを学ぶ。 このとき、友情を学ぶ。 大学卒業後、富士通に入社。 18年間で、1500件のトラブルを解決した。 エンジニアとしての、トラブル解決を通じて 周りを巻き込んで、問題を解決するスキルを 自分のものとした。 40才になると、 エンジニアからマーケティング職に転身。 20編以上のマーケティングマテリアルを英語で作成。 テクニカルマーケティングの分野を拓いた。 58才のとき、一念発起。 メンタルトレーナーの資格を取得。 問題解決のスキルと マーケティングのセンスを生かして 成功した。
投稿を作成しました 89

コメントを残す

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。